平山お願い薬師東光院イメージ
ホームページ 東光院の紹介 ご祈祷・ご祈願 ご法要・ご供養 ぴんぴんころり大師
アクセス サイトマップ
ぴんぴんころり大師
ぴんぴんころり大師
平山お願い薬師・東光院では本尊のお薬師さまはもちろん、境内にある大師堂へお参りされる方が増えています。
大師堂にはぴんぴんころり大師さまと親しまれている、弘法大師(空海聖人)がおまつりされています。
「ぴんぴん」と健康に生きて、人生の最期には寝込むことなく、「ころり」と大往生、静かに旅立ちたいものです。
お大師さまと同行二人、南無大師遍照金剛(なむだいし へんじょう こんごう)とおとなえください。
ぴんぴんころりお守り  → → →
ぴんぴんころり大師
兎角この世は、苦労の山坂多けれど   お大師さまのお陰で 年中元気。
寝つくことなく ぴんぴんと   人生の終りは あっと言うまに   大往生(ころり)、
今度生まれて来る時も   お大師さまと同行二人  いつも いつも 一緒だよ
有難や   南無大師遍照金剛。
宗祖 弘法大師 (空海聖人)

今を去る宝亀五年(774年)
讃岐の国(現 香川県善通寺市)に誕生
壱千二百年前 三十二歳で
唐の都 長安(現 西安)の青龍寺に
於いて 恵果阿闍梨より
真言密教を伝授され(入唐求法)
日本に真言宗を開いた(三十六歳)
この間 土木・建築・教育・学芸・文学・
社会救済活動に貢献された。
承和二年高野山、深山春なお浅い
三月二十一日伝灯大阿闍梨
空海聖人は六十二歳でご入定される。

このページトップに戻る

Copyright (c) 2007 宗教法人東光院 All Rights Reserved